女性ホルモンの重要性|女性が長年悩まされている生理痛を超低用量ピル・ヤーズで軽減!

女性が長年悩まされている生理痛を超低用量ピル・ヤーズで軽減!

カプセルと錠剤

女性ホルモンの重要性

ここで低用量ピルと超低用量ピル・ヤーズの比較をしてみようと思います。
ピルには卵巣ホルモン、主に女性ホルモンと呼ばれるものが含まれています。
外部から摂取することで、増減を促しバランスを整える役割をしているのです。
低用量ピルと超低用量ピル、この二つの大きな違いはピル1錠あたりの女性ホルモンの量です。
その名の通り、少ないのが超低用量ピルです。
低用量ピルの中には女性ホルモンが30~40μgなのに対して、超低用量ピルに含まれている女性ホルモンは30μg未満と、非常に少ないのです。
この女性ホルモンを体内に多く取り込んでしまうことによって、吐き気や頭痛がするのです。
かと言って、低用量ピルに比べて効果が薄まるのか、と言われたらそうではありません。
低用量ピルと同じ効果をもたらすことができるので、ただ副作用が少なくなるだけの非常にお得なピルなのです。

通販で買う際に気をつけなければならないのが、注意事項などを自分で読まなければならないので、見落としがあるかもしれないということです。
薬局に行って薬を購入する際は、重要事項は伝えてくれますが、通販サイトだとそうはいきません。
普通のアクセサリーや雑貨を通販で買うのと違って、用法用量を守らなければ効果の出ないものもありますし、多量摂取によってカラダに支障をきたす可能性もあります。
女性のカラダの中でもやはり、妊娠に関わる部位は非常にナイーブなので、誤った服用方法で妊娠ができなくなっては大変なことです。
病院に行かなくても貰えるから、といって気軽に購入して、人生に関わる重大な薬を適当な気持ちで使ってはいけないということを頭の片隅にでも置いておいてください。